スポンサーサイト
top↑
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | top↑
【PENTAX K-7…ピントの山が見える…ファインダーの出来がすんばらしいのですよぉぉぉ~…の巻】
top↑
7IMGP0287.jpg

【PENTAX K-7…ピントの山が見える…ファインダーの出来がすんばらしいのですよぉぉぉ~…の巻】

そんなワケで… 連日のK-7ちゃんネタでございます。ところで↑上の様な写真や↓下の写真の様なググッと寄ったマクロ的な撮影の際に気になるのがピント…。なんせ寄ってる分深度が浅くなるんでピントをきっちり合わせるのがなかなか難しいんですな…。もちろんAFの精度も上がってますんで、まずはAFだより…なんですけど。やっぱ微妙な所が心配…。でもK-7ちゃんのファインダー&スクリーンが良く出来てるんですな、肉眼でファインダー上でピントの山がきっちり確認できるんですなぁあぁ~。これねなかなか凄い事ですよ…とりあえずはAFで合わせてから微妙な所はスクリーンでピントの山を目で確認。自分の体を微妙に前後させてきっちりとピントを合わせて、「ここだっ!」って所でシャッターを切る。これが出来るんですな…。アナログマニュアルフォーカス時代を思い出しますなぁぁ…。(笑)もちろん、視度補正をきっちり合わせるのと、ピントのはずれを防ぐために、同じアングルから何枚かシャッターを切って、最善の一枚を選ぶっていうのは忘れずに…。(笑)

7IMGP0289.jpg
7IMGP0225.jpg
7IMGP0212.jpg
7IMGP0221.jpg
7IMGP0229.jpg
7IMGP0231.jpg
7IMGP0232.jpg
7IMGP0235.jpg
7IMGP0238.jpg
7IMGP0285.jpg

縦スクロール感謝です。
スポンサーサイト
[2009/07/14 23:50] 写真・カメラ | トラックバック(0) | コメント(0) | top↑
≪【PENTAX K-7…超消極的使用術(もしくは宝の持ち腐れセッティング)なのですよぉぉぉ~…の巻】 | ホーム | 【PENTAX K-7…6M設定で撮ってみるのですよぉぉぉ~…の巻】part4≫
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://nagutd.blog15.fc2.com/tb.php/731-4f7bf7b5
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。