【Fuzzy Logic #001】
top↑
R0012933.jpg

■【Fuzzy Logic #001】
GRDのフォーカスをMFに。わざとピントをはずしたアウトフォーカスな写真。輪郭も溶け出し色も飽和した世界…ファジーロジック。以前のエントリーが消えてしまったので、これも#001という事で…。

R0013070.jpg

R0013094.jpg

R0013133.jpg

R0013134.jpg

R0013135.jpg

縦スクロール感謝です。人間関係においてはファジー(あいまい)なくらいの関係の方が気が楽だったりします。
スポンサーサイト
[2006/01/06 00:05] 写真・カメラ | トラックバック(1) | コメント(7) | top↑
≪【SHINNENKAI:20060108】 | ホーム | 【銀座界隈徘徊写真 #006】≫
コメント
素敵!!!
かなりいけてますね!!!感動しました!
[2006/01/06 00:17] URL | TOSHI [ 編集] | top↑
一枚勝負で行くとすごくいいですね!
何枚も縦スクロールで見ると目眩がしてきます。縦スクロール感謝ではありますが、、、
最後のが気に入りました。
色がいいす。
[2006/01/06 00:41] URL | komine [ 編集] | top↑
教えて下さい。自分はカメラにはまったくの素人なのですが、よくデジタルの一眼カメラで撮った写真を見るとよく見るのですが、GRDで背景をあのファジーロジックのようにボカして人物とかあるサブジェックだけをきれいに写す事がで出来るのでしょうか?
出来れば教えて下さい。

[2006/01/06 10:28] URL | 誠也 [ 編集] | top↑
スゴイ!
はじめまして

スゴイですね。わたしのおもちゃのようなデジカメとは大違い…カメラのせいより腕のせいですけどw

これから撮影の参考にします!
[2006/01/06 19:10] URL | ファッ休さん [ 編集] | top↑
>TOSHIさん
どうもありがとうございます。このパターンときどき撮っていきたいと思ってます。

>komineさん
どうもです。そうですかぁぁ…一枚の方がいいですかね。以前にもめまいがするって書かれた事あったし…。色は彩度をちょっと上げております。

>誠也さん
どうもです。結論から言うと「難しい」です。GRDのレンズは35mm換算で28mm(実際は5.9mm)レンズ特性から言って被写界深度(実際にピントが合っている位置の前後にピントが合っている様に見える範囲)がとても深いのです。つまり手前から無限遠までピントがあったパンフォーカスな写真になりがちであるという事です。たぶん、マクロで絞り開放で接写した場合などは、バックがボケた写真も狙えるかとは思いますが…。被写体のバックがボケた写真を撮りたければなるべく望遠レンズで絞り開放で撮ることが必要になってくると思います。よって広角単焦点のGRDでは難しいということになると思います。

>ファッ休さん
はじめまして、いらっしゃいませ。最近のカメラはシャッター押せばピントが合う様になってるから、逆にピント外して撮るのが難しいのかもしれません。GRDのMFだとこういう「ピントはずした」写真が撮れるので重宝してます。(笑)
[2006/01/07 00:08] URL | なぐ [ 編集] | top↑
くらくら
おはようです。
いろんな意味で「くらくら」です。
けどFuzzy撮影は面白いな-って改めて思います。
去年のクリスマスだったか(すでにいろいろなことが忘却の彼方(爆))
真似してみましたがおもしろい絵が撮れました。
これからも面白い撮影法を開発してください。
秘儀空中3回転右ひねりとかヾ(- -;)
[2006/01/07 11:08] URL | Hoge [ 編集] | top↑
>Hogeさん
Fuzzyもたまに撮っていい感じで撮れると楽しいんですけどね、毎回だとしつこいので、適宜にやってます。(←この辺りもファジー…)
おしいいっ!空中3回転左ひねりなら今開発中なのに…。(爆)(>_<)*
[2006/01/09 21:58] URL | なぐ [ 編集] | top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://nagutd.blog15.fc2.com/tb.php/185-bafcf60c
GRでタワーズライツ
皆さん、あけましておめでとうございます。帰省中、元旦の日にタワーズライツを撮りに行ってきました。帰省した時は、これしか楽しみがないので、いつも張り切っています(笑) 縁側でひなたぼっこ ~空を眺めて~[2006/01/06 01:46]
| HOME |